ホーム

ホーム

更新を再開します

仕事の関係等によりしばらく更新が滞っておりました。
順次、不具合を含めて対処していこうと思います。

断片 (このサイトのどこかにあるもの)

死に至る病とは絶望のことである。??キュルケゴール『死に至る病』


ホームにて最新の記事の全文を読むことができます。
(読書ノートはログインしないと全文が読めません。)


ホーム > 読んだ >

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II オーナーズBOOK

書誌

author河田一規 (他)
publisherモーターマガジン社
year2017
price1667+tax
isbn978-4-86279-427-7

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2017.2.6読了
2017.2.7公開

初代OM-DであるE-M5から数年を経てフラッグシップのE-M1がmark IIとなった。(初代E-M1とE-M5 mark IIには旧43レンズを持っているわけでもないし、ハイレゾにも関心がなかったので、それほど食指が動かなかった。)はっきりいって個人的には(というか私程度では)E-M5でも高感度以外での大きな不満はなかったが、E-M1 mark IIでは常用ISO感度が6400となり、E-M5での許容範囲だった1600から2段改善していること、デジタルシフトを使ってみたかったことに惹かれて注文した。品薄ということだったので春までに来ればいいと思っていたら、まさかの発売日に届いたので予想外の出費となってしまった :) しかし、これまでに使ってみた限りでは巷でいわれているAFの改善が著しく、買い替えによる進歩を実感できる(=前機種に後戻りできない)出来になっている。もちろん高感度も個人的にはISO6400までOKであり、明るいレンズと合わせればかなり室内にも強くなったように思う。E-M1 mark IIの大きな売りである連射性能にはそれほど関心がなかったものの、このサイズで防塵防滴というどこへでも持ち出せる安心感は大きく、O-MDの大きなアドバンテージである。

実は12-100mm F4 IS PROも便利な高倍率ズームとして合わせて購入したが、どちらかというと私は望遠域よりも広角域での写真を撮ることが多いので、サイズ面で少々持て余しているというのが正直なところではある。L判かA4くらいまででしか印刷もしないのでデジタルテレコンや撮影後のトリミングも割と使う私としては、むしろ後は大口径で広角の単焦点レンズが欲しいところである。特に12mmでデジタルテレコンも2倍だけでなく1.5倍にも対応できると、x1.5=17mm相当、x2.0=24mm相当となり標準域を含めて単焦点なのに割と1本で済ませられることになり助かる。まあ、Panasonicから12mm F1.4が既に出ているので望み薄かもしれないが...

というわけで個人的な事情はさておき、解説本を買ってみたわけであるが、有名写真家の作例と新機能及びProレンズの紹介が主であって、あまり突っ込んだ機能解説には触れられていない。これならマニュアルを熟読した方がいいかもしれない。

抄録

38

電子シャッターだとセンサーからの読取がラインごとになるため、露光中に被写体が大きく動くと被写体が歪んで映ってしまうローリング歪みが発生しやすい。Mark IIでは読取の高速化により歪みがかなり抑えられている。[(静音)連射L](電子シャッター : 18コマ/秒)でも歪みが気になるのであれば[(静音)連射H](メカシャッター : 10コマ/秒)にすればよいが、連射性能は電子シャッターの方が高い。なお、AF/AE追従は連射L時なので、連射HでC-AFにしてもAFは1枚目の状態で固定になる。

40

プロキャプチャーは連射同様にHDRボタンから選択できる。C-AFでAF追従の場合は[プロキャプチャーL]にするが、ISO8000以上で連射速度低下、SS高速制限、フラッシュ禁止、オリンパス製MFTレンズのみ、開放~F8までなどの制限がある。細かい設定は「メニュー > C1 > L/H設定 > ProCap」で行える。

42-43

ISO感度はMark Iと比べて1段程度向上している。また、拡張時の最低感度がISO64に改善されているが、基準感度(ISO200)以下でもフィルムカメラのように画質が向上するわけではなく、むしろ高輝度側のダイナミックレンジが狭くなる結果、白飛びが発生しやすくなる。ISO64にせずSS=1/8000秒でも明るい場合は、電子シャッターにすることでSS=1/32000秒にできる。

45

Mark IIはボディのみでも5.5段分の手振れ補正を持つが、それでも動体ぶれを防げるわけではないので、そのような場合はISOを上げてSSを速くした方が良い。

46-49/56/58-61

WB、ピクチャーモード、アートフィルター、カラークリエーター(色相と彩度)などはRawなら現像時に変更できるので、それほど気にしなくてもよい。なお、カラークリエーターはピクチャーモードで選択して[Info]で呼び出すと前後ダイヤルで調整ができる。

その他、カメラ内でもRaw現像(再生中の[OK]ボタン)/JPEGの一部編集をできるが、純正のOlympus Viewer 3を使えばより細かい調整ができる。

50-51

マクロ撮影などでピンと位置をずらして深度を調整したいときにはフォーカスブラケットと深度合成が使える。メニューの[撮影メニュー2]-[ブラケット撮影(ON)]-[FocusBKT(ON)]-[深度合成(ON/OFF)]で使う。但し深度合成はオリンパスのPROレンズのみでの対応となる。

52-53/55

長時間露光はライブバルブ(シャッターを押している間は露光)/ライブタイム(シャッターを押してから次に押すまで露光)で行う。いずれも撮影時間と同じだけのノイズ除去が撮影後に必要となり、その間には他の撮影ができない。なお明るい場所で高ISOだと露出オーバーになりやすいので注意が必要。一方、ライブコンポジットを使うと比較明合成を行なって明るさの変わったところだけを合成してくれる。夜警で光跡を撮るときなどに使う。ノイズリダクションのために最初に1回シャッターを押す必要がある。

似た機能としてHDRを使うと明るさを変えて撮影した画像の合成ができる。明暗差が大きくて白とび/黒つぶれしやすい場面で使う。[撮影メニュー2]-[HDR撮影]-[HDR1/HDR2]で設定できる。2の方が1よりも露出幅が大きい。

54

ハイライト&シャドーコントロールもスーパーコンパネから呼び出せる。トーンカーブをいじる要領でHighlightとShadowを前後ボタンで変更でき、[Info]ボタンでMidtoneを調整できる。画像全体の明るさよりも細かい調整を行なうことができる。

55

シフトレンズ相当の撮影をカメラ内部で行う。メニューの[撮影メニュー2]-[デジタルシフト(ON)]にすると、リヤダイヤルで縦方向、フロントダイヤルで横方向の補正を行える。

56

スマホに純正アプリのOI.シェアをインストールしてカメラとWifi接続すると、スマホ側からシャッターを押すことが可能になる。

57

Mark IIでは動画で4K、C4K(シネマ4K、横長4K)に対応した。4K 30p、C4K 24p、FHD/HD 60pを撮影できる。

Up